本文へスキップ

株式会社 技研 HOBBY倶楽部は鉄道模型の自動運転装置を考案・販売しています。

電話でのお問い合わせは0257-22-8439

メールでのお問い合わせはこちら

装置詳細item detail       追越・交換運転装置


MBS3072 MBS3055 MBS3056 MBS3051
このページに記載されている金額は消費税が8%に改訂後の金額です。
消費税改訂前は従来金額でご提供いたします。


MBS3072      本体 35,000円 [8%税込み]               

◎詳しくは商品紹介のページをご覧下さい。

◎仕様の詳細は仕様書(PDF版)をご覧下さい。

◎在庫数・納期をご確認ください。

◎往復運転列車数 2

◎N・HO ゲージ用 
    (一部複線エンドレス,2列車同時走行用)  

【機能】
・ ② 減速して停車・発車して加速機能
・ ④ 列車走行速度調整機能 ; PWM方式
・ ⑥ ポイント自動切替機能(ポイント2台切替に対応)
・ ⑦ 電子ブレーカ、および作動時LED点灯表示機能

・ ⑧ 後続列車減速機能
・ ⑨ 列車減速速度切替機能
・ ⑩ 列車減速開始遅延機能
・ ⑪ ATC効果1方向機能
・ ⑮ 自動停車・自動発車機能
・ ⑳ 自動運転・手動運転切替機能

・ケースサイズ : 幅245 × 奥行 175× 高さ 50 (mm)


・走行モード:2モードあります。

・列車走行用付属電源  DC15V,3.0A

◎動作概要

☆MBS3072

☆運転モード1(交換運転)
・複線部に停車する2列車のうち本線側に停車する列車1が発車しま
 す。続いて待避線側に停車する列車2が発車します。
・2つの列車がエンドレスを2周回する毎に入れ替わって待避線に停車
 します。
・最初に本線から発車する列車1に続いて待避線から発車し、列車1を
 追いかけて走行する列車2はエンドレスを1周回すると待避線に進入
 して停車します。その後は、2周回毎に待避線に進入して停車します

☆運転モード2(追越運転)
・2つの列車の一方がエンドレスを1周回する毎に待避線に入線して停
 車します。
・2つの列車の他方はエンドレスを周回するだけで待避線に入線して停
 車することはありません。
・最初に本線から発車する機関車1は、エンドレスを2周回すると待避線
 に進入して停車します。その後は、1周回毎に待避線に進入して停車
 します。
・最初に本線から発車する機関車1に続いて待避線から発車し、機関車
 1を追いかけて走行する機関車2はエンドレスを周回し続け、待避線に
 進入して停車することはありません。

☆手動運転
・自動運転を行なうためにレール上の列車を移動するのが目的です。
 自動運転時と同じ向きの反時計回り(前進)運転、または反対向きの
 時計回りの(行進)走行運転ができます。                                        

 
ページのTOPへ戻る












 レール敷設例  閉塞数:6

MBS3055      本体  30,000円 [8%税込み]               

◎詳しくは商品紹介のページをご覧下さい。

◎仕様の詳細は仕様書(PDF版)をご覧下さい。

◎在庫数・納期をご確認ください。

◎運転列車数 2 (交互に反対向きに1列車ずつ走行します。)

◎N・HO ゲージ用  
   (一部複線エンドレス,2列車交換走行用)

【機能】
・ ② 減速して停車・発車して加速機能
・ ④ 列車走行速度調整機能 ; PWM方式
・ ⑥ ポイント自動切替機能(ポイント2台切替に対応)
・ ⑦ 電子ブレーカ、および作動時LED点灯表示機能

・ ⑮ 自動停車・自動発車機能
・ ⑰ 列車停車位置調整機能(本線・待避線)
・ ⑱ クイック・レスポンス機能 を追加しました。
・ ⑳ 自動運転・手動運転切替機能

・ケースサイズ : 幅225 × 奥行 165× 高さ 40 (mm)

・列車走行用電源付属   DC12V,1.5A


ページのTOPへ戻る








MBS3056    本体  22,200円 [8%税込み]               

◎詳しくは商品紹介のページをご覧下さい。

◎在庫数・納期をご確認ください。

◎運転列車数 2 (交互に同じ向きに1列車ずつ走行します。)

◎N・HO ゲージ用  
   (一部複線エンドレス,2列車交換走行用)

・2つの列車の走行向きが違う仕様以外の機能はMBS3055と同じです 。
 
 ・列車走行用電源付属   DC12V,1.5A

ページのTOPへ戻る













MBS3051     本体  30,100円 [8%税込み]             

◎詳しくは商品紹介のページをご覧下さい。

◎仕様の詳細は仕様書(PDF版)をご覧下さい。

◎在庫数・納期をご確認ください。

◎運転列車数 2 (交互に反対向きに1列車ずつ走行します。)

◎G・N・HO ゲージ用  
   (一部複線エンドレス,2列車交換走行用)


 ◎Gゲージ列車の往復運転ができる制御回路を内蔵している自動運転
  装置です。 速度調整はPWM方式で行いますから、列車のスムーズな
  走行を実現できます。 ご希望によりアナログ調速仕様も対応出来ます。
  
 * 運転パターン仕様はMBS3055と同じですが、業務用(運転時間が8~
  10時間/毎日)としてご使用頂けるような堅牢な回路構成にしてあります。

 * 複線部2カ所に絶対停車閉塞を作成するための給電線が接続出来る
  端子が用意されています。複線部2カ所で列車のオーバーランによる
  衝突を防止出来ます。

【機能】
・ ① 自動停車・反転発車機能
・ ② 減速して停車・発車して加速機能
・ ④ 列車走行速度調整機能 ; PWM方式
・ ⑤ 絶対停車機能
・ ⑥ ポイント自動切替機能(ポイント2台切替に対応)
・ ⑦ 電子ブレーカ、および作動時LED点灯表示機能
・ ⑮ 自動停車・自動発車機能
・ ⑰ 列車停車位置調整機能(本線・待避線)
・ ⑱ クイック・レスポンス機能 を追加しました。
・ ⑳ 自動運転・手動運転切替機能

○ 装置駆動用付属電源  DC12V,1.0A
   *別途列車走行用電源(パワーパック)が必要です。お客様にてご用意
   下さい。

・ケースサイズ : 幅245 × 奥行 175× 高さ 50 (mm)  

ページのTOPへ戻る







装置のご紹介

  1. 往復運転装置
  2. 追越・交換運転装置
  3. ATC運転装置
  4. リバース運転装置
  5. 周回・停車運転装置


 【機能表】


動作概要

☆MBS3072
☆運転モード1(交換運転)
・複線部に停車する2列車のうち本線側に停車する列車1が発車します。続いて待避線側に停車する列車2が発車します。
・2つの列車がエンドレスを2周回する毎に入れ替わって待避線に停車します。
・最初に本線から発車する列車1に続いて待避線から発車し、列車1を追いかけて走行する列車2はエンドレスを1周回すると待避線に進入して停車します。その後は、2周回毎に待避線に進入して停車します。
☆運転モード2(追越運転)
・2つの列車の一方がエンドレスを1周回する毎に待避線に入線して停車します。
・2つの列車の他方はエンドレスを周回するだけで待避線に入線して停車することはありません。
・最初に本線から発車する機関車1は、エンドレスを2周回すると待避線に進入して停車します。その後は、1周回毎に待避線に進入して停車します。
・最初に本線から発車する機関車1に続いて待避線から発車し、機関車1を追いかけて走行する機関車2はエンドレスを周回し続け、待避線に進入して停車することはありません。
☆手動運転
・自動運転を行なうためにレール上の列車を移動するのが目的です。自動運転時と同じ向きの反時計回り(前進)運転、または反対向きの時計回りの(後進)走行運転ができます。

レール敷設例  閉塞数:6



☆MBS3051
☆交換運転モードで自動運転します。
・2つの列車が交互に互いに反対向きに
走行します。
・複線部に停車する2列車のうち本線側に停車する列車1が発車します。列車1がエンドレスを周回して本線に戻り停車すると、続いて待避線側に停車する列車2が反対向きに発車します。列車2が
エンドレスを周回して待避線に戻ると、本線側に停車する列車1が発車します。
・エンドレスをⅠ周するごとに列車が停車して交換する場合と、列車が9周回すると停車して交換する2つの運転モードを選択できます。
☆手動運転
・自動運転を行なうためにレール上の列車を移動するのが目的です。自動運転時と同じ向きの反時計回り(前進)運転、または反対向きの時計回りの(後進)走行運転ができます。

レール敷設例  閉塞数:5



☆MBS3055
☆運転モード1 (交換運転モード)
・エンドレスをⅠ周するごとに2つの列車が交互に互いに反対向きに走行します。
・複線部に停車する2列車のうち本線側に停車する列車1が発車します。列車1がエンドレスを1周回して本線に戻り停車すると、続いて待避線側に停車する列車2が反対向きに発車します。列車2がエンドレスを1周回して待避線に戻ると、本線側に停車する列車1が発車します。
☆運転モード2 (列車1運転モード)
・複線部に停車する2列車のうち本線側に停車する列車1だけを周回運転させます。
待避線側に停車する列車2は停車したままです。
☆運転モード3 (列車2運転モード)
・複線部に停車する2列車のうち待避線側に停車する列車2だけを周回運転させます。
本線側に停車する列車1は停車したままです。
☆手動運転
・自動運転を行なうためにレール上の列車を移動するのが目的です。自動運転時と同じ向きの反時計回り(前進)運転、または反対向きの時計回りの(後進)走行運転ができます。

レール敷設例  閉塞数:3



☆MBS3056
・2つの列車の走行向きが違う仕様以外の機能はMBS3055と同じです 。


更新日 2014,03,10

ショップ情報

株式会社 技研 HOBBY倶楽部

〒945-0032
新潟県柏崎市田塚 3-11-55
TEL.0257-22-8439
FAX.0257-21-0375

nakamura-kazuo@k4.dion.ne.jp

→ショップ案内



copyright©2013 giken HOBBY club all rights reserved.

サブナビゲーション